社会貢献活動(CSR)

着々と進むウガンダ、ルヒーラ村での学校建築ですが、

「では学校ができた後の、直面する問題とは何なんだろう・・・」

学校建設が進むにつれて強く抱くようになった疑問です。
 
 
 
これについて、第19話でお伝えした、稲葉雅紀氏の講演の質問タイムで質問してみました。

1番の問題は、「教師」の問題。

「いい学校ができても、いい教師がいない」ということです。

ウガンダでは、教師の給料にも格差があり、免許を持ってるような教師は、都市の方に行ってしまいます。
 
<校長先生から学校の説明を受けています>
20110303blog1.jpg
 
 
田舎の安い給料の学校では、教師が不足しているのが現状です。

そういう現状もあり、免許を持っていない人が安い給料で教師をやったり、違う仕事があれば辞めてしまったり、と問題があるそうです。
 
<校長室と校長机>
20110303blog2.jpg
 
 
稲葉雅紀は

「学校建設の後は、教師を定期的に雇っていくための経済的支援も必要かもしれませんね」

とおっしゃっていました。

いい校舎が建って、インターネット設備も整い、アミティエに通う子どもたちとも何かしらのつながりを持てるかもしれないウガンダの子どもたちが、よりよい環境で教育を受けられるように・・・

学校建設の後の支援こそ重要になってくるということですね。

<リャミヨンガ小学校のサッカーコーチと選手> 
20110303blog3.jpg

同じカテゴリの記事

スクール検索
  •           
都市名・地区名
イベントブログなどはこちらから
スタッフ紹介
年間カレンダー
アミティエTwitter
アミティエFacebookページ
きょうと子育てパスポート